江戸中期頃に作られた品で、
それぞれに微妙に意匠や色使いが異なる143対入り。
貝箱も共に作られたもの。

貝の欠け、ヒビ、塗りの剥がれなどが散見される。























閉じる


作品紹介トップへ